「もたれ・むかつき」
                                  川久保病院 院長(内科医)
                               田村 茂 医師
  
  行事や外食が続くと、体重と胃の調子が気になりますね。 もたれやむかつきの原因の多くは逆流性食道炎です。 

 逆流性食道炎は中年男性と高齢女性に多い病気です。男性の場合、やはり食べ過ぎが原因。太った方に多いです。

 原因となる食べ物は揚げ物・脂質の多い食べ物・かんきつ類・ケーキ・あんこ・パン・餅など糖質を多く含むものです。  

   こういった食べ物は胸やけの原因として、皆さんも感じていると思います。

 そして飲み物としては、お酒です。とくにビールなどガスの入ったものはゲップも多くなるため、 胸やけの原因に

 なる事が多いです。

  一方、高齢女性では食べ物よりも背中が曲がった事による胃の位置のずれ(滑脱ヘルニア)が原因となっています。
  
   胃の形でも違いがあります。
  
  中年女性に多い胃下垂は、上下に胃が伸びている状態で、それだけでは胸やけの原因とはならないのですが、

  逆に横に 寝そべっているような形や曲がった形になると胸やけしやすいです。
    
  これは牛角胃(ぎゅうかくい」)や瀑状胃(ばくじょうい)といって男性に多いです。
  
  検診を受けられた際には、自分の胃の形を聞いてみるのも参考になると思います。
                                 
                    A 胸やけの対応

                   B 逆流性食道炎の薬

                   C ピロリ菌の除菌