訪問看護は 介護サービスの架け橋
                            
(訪問看護ステーションかわくぼ 主任  平子 菜織)

       在宅療養しながら最期まで家で生活したいという願いは、誰しも持っているのではないでしょうか。
     訪問看護はそれを叶える一つの方法です。病気や障がいを持ちながら、在宅療養する人は全て訪問
     看護利用の対象で、0歳の赤ちゃんから高齢者の方めでご利用頂けます。
       (医療保険または介護保険が適用になります)。
      訪問看護というと、医療処置が必要となってから利用するというケースや、介護認定を受けている方
     でも介護度が高くなってから利用するサービスであると思っている方もいると思いますが、早めの時期
     から利用することをお勧めしています。
     在宅生活を続けていくためには、病気を悪化させずに健康状態を維持することがとても大切です。
     現在の健康状態を維持するために看護師からアドバイスをし、必要なケアを行う事で安心して在宅生活
     を送る手助けになれると思っています。
      訪問看護師は利用者の自宅へ訪問し、病院で治療中には分からなかった「その人らしさや、その人ら
     しい生き方」を知ることができます。その上で、利用者にとって本当に必要な事は何かを看護師の視点
     で観察し、ケアにつなげます。
       私たちは、医療機関(主治医)と利用者をつなぎ、訪問で得た情報を病院へ伝える事や、他職種の
     方々と情報を共有し、利用者やその家族が安心して生活を続けていけるように一人ひとりに寄り添い
     ながら関わっています。
     訪問看護を知っていただき、介護サービス利用の架け橋になればと思っています。
    
         
         ☆ 認知症ケア 手続き記憶へのアプローチ 
        ☆ 認知症ケア 認知症高齢者は私たちを映す鏡
        ☆ 認知症ケア 認知症の方のこころは生きている
        ☆ 介護の困りごとは早めのご相談を
        ☆ 介護疲れしていませんか・・?
        ☆ 終末期の変化を受け入れる 
        ☆ 心おだやかな 語りかけを!
        ☆ グループホームでも医療との連携すすんでいます
        ☆ 盛岡四高音楽部 歌声ひびく!
        ☆ 認知症対応型デイサービスとデイサービスの違いって? 
      
         写真はイメージです