認知症ケアA 認知症高齢者は私たちを映す鏡 (グループホームさくらの家 施設長 姉帯将宏)

    みなさん、メラビアンの法則をご存知でしょうか?
   メラビアンノ法則とは、アルバート・メラビアンがおこなったコミュニケーションについての研究結果です。
   人はコミュニケーションにおいて ほとんどの情報を視覚と聴覚から得ています。
   態度・表情・身だしなみなど視覚からの情報が55%、声・声のトーンなど聴覚からの情報が38%、
   そして話の内容はたった7%!
    認知症高齢者においても同様、いや、むしろ認知症により言葉の内容を理解することが困難になっている為、
   私たちの態度や声のトーンからの情報を敏感に感じ取っています。そして、私たちのことを良く見ているのです。


      Sさんは、私たちが慌ただしく働いていると、それまで穏やかに座って過ごしていても、イスから立ち上がり、
   イスをひっくり返したり、イスのカバーをはがしたり、ホール内を慌ただしく動き始めます。
     逆に、私たちが穏やかに笑顔で仕事をしていると、たくさんの笑顔を返してくれます。
    入居者の皆さんは私たちの動きや表情、態度を良く見て敏感に感じ取っています。


   ☆ 認知症高齢者が 穏やかに日常生活を過ごすためには、
     まず、私たち介護者側が穏やかな心で接することが大切です。

   
         ☆ 認知症ケア 手続き記憶へのアプローチ
         ☆ 認知症ケア 認知症の方のこころは生きている
        ☆ 介護の困りごとは早めのご相談を!
        ☆ 介護疲れしていませんか・・?
        ☆ 終末期の変化を受け入れる
        ☆ 心おだやかな語りかけを 
        ☆ グループホームでも医療との連携すすんでいます
        ☆ 介護サービスの費用も 医療費控除になります
        ☆ 盛岡四高音楽部 歌声ひびく!
        ☆ 認知症対応型デイサービスとデイサービスの違いって?
        ☆ 訪問看護は介護サービスの架け橋
        ☆ 上手な薬の飲み方とお薬手帳について
        ☆ グループホームの選び方
        ☆ ヘルパーのできること、できないこと
          
 



     写真はイメージです