手洗い・うがい・マスク着用の励行とインフルエンザワクチン接種をぜひ!
                                                    蒔苗 剛 (川久保病院 小児科医)
 寒さに向かう11月になりました。 しっかり食事と睡眠をとり、体調管理を心掛けましょう。
 これからの時期、感染症に関する話題が多くなります。感染症にはインフルエンザやのノロウィルスのように拡散しやすいものもあり、集団感染の報道もよく耳にします。それでは、感染症についてお話ししましょう。
 
 「感染症」とは、ウィルスなどが人間の体に付着→体内に侵入→増殖→発熱・咳・嘔吐・下痢などが出てしまった症状をいいます。
 症状が出ない状態は「感染」といいます。
 ウイルスは自然界に無数に存在し、人から人へと渡り歩いています。私たちは生活する中で、常に何らかのウィルスに感染しています。
 感染を完全に防ぐのは、現実的に無理です。
         
感染はするものの、日常生活では基礎的な免疫能力がほとんどのウィルスを処理します。
 また、感染歴のあるウィルスは特別の免疫を獲得している場合があり、その免疫がウィルスを処理するため発症せず、感染症に至らない場合が多くあります。子どもが大人より風邪をひく頻度が多いのはこのためです。

 
免疫のなかには、はしかなどのように1回かかれば免疫が生涯持続するものもありますが、多くの免疫は年月の経過にともない少なくなっていき、久しぶりに感染したウィルスには抵抗力が低下しているので発症することもあります。
 特に睡眠不足などの体調不良時には基礎的な免疫力が低下しているため、通常では処理できるウィルスでも発症する場合があります。

     
 
感染症予防には、基礎的な免疫力が低下させないことが大切です。
 ウィルスの侵入を完全に予防することはできませんので、こまめな手洗い・うがい・人ごみの中でのマスク着用がとても有効です。
 特にインフルエンザは適正なマスクの着用で、人ごみでの感染を、ほぼ防ぐことができます。ぜひ おためしください。

 
 インフルエンザ予防の決め手はワクチン接種です。
 どんなに注意しても、子どもさんがいる家庭では感染を排除することは困難です。
 ウィルス侵入を防げないのであれば、大事に至らないよう前もって専用の免疫をつけておく・・これがワクチン接種です。
 接種の効果は

@ 感染したとしても発症させない
A 発症しても軽症ですませる
B 発症して保菌者になった時、他の人に感染させてしまう期間が短くできること

 特に高齢の方は発症し重症化する例が多いので、予防接種を押すすめします。
川久保病院・さわやかクリニックでもインフルエンザのワクチン接種をしています。ご利用ください。

 
 もし家族が、かかったら?
まずは、医療機関へ受診しましょう。川久保病院、さわやかクリニックを受診するときは、必ず電話でお問い合わせください。
処方された薬は、症状が治まっても飲みきりましょう。
マスクをして『咳エチケット』を心がけ、周りにうつらないようにしましょう。

 
  通常、熱がさがってもインフルエンザの感染力は残っています。完全に感染力がなくなる時期については、個人差も大きいといわれますが、 少なくとも熱が下がってから2日目までは外出しないように心がけましょう。
新型インフルエンザについては、発熱などの症状がなくなってからも、しばらく感染力がつづく可能性があります。
新型インフルエンザに感染していると診断された場合や、周囲で新型インフルエンザが流行している場合には、発熱などの症状がなくなっても、発熱や咳、のどの痛みなど症状が始まった日の翌日から7日目まではできるだけ外出しないようにしましょう。