・開  設: 平成18年9月
・病  室: 全60床(個室:8室、2症室:6室、4床室:10室)
・スタッフ:
Dr Ns CW PT OT ST
従事者数 2 24 4 13 16 3
コーディネーター 1 1 1 1 1



 個室はリハビリテーションを行う上で重要な環境です。当院では排泄・更衣・整容などの訓練が安心して行える個室をご用意しております。この個室を利用して、ご自宅に帰られる前に、どれだけひとりで生活が行えるかをチェックします。この結果をもとに試験外泊を行っていくことになります。

※なお当院では、個室であっても差額室料は頂きません。誰でも平等なリハビリテーションを受けることが出来ます。

 リハビリ環境に適したベッドをご用意しております。障害にあわせて使用できる「ベッド用手すり」や、背もたれの角度が表示できる「電動ベッド」などが設置されております。
 障害にあわせて利用していけるよう、療法士や看護・介護士が起き上がり訓練等をご指導いたします。なるべくベッドから離れて生活しましょう。

  およそ3mの広い廊下幅を整えていますので、平行して歩いている歩行者・介助者を気にせず車椅子訓練等が行えます。また、60mある長い廊下は、天候を気にせず歩行訓練が行える最適な空間といえるでしょう。一年を通じて一定気温で調整されている空調環境により、ご本人様は暑さ、寒さを気にせずにリハビリに励むことができます。

  在宅での生活を考えた一般的な浴槽を用意させていただいております。家でも入浴が出来るよう、作業療法士や看護師・介護士とともに練習を行います。また、リハビリテーション室には、手すりの稼動する入浴訓練評価ユニットをご用意させていただいております。入浴訓練評価ユニットを用いて、ご家族や住宅改修業者及びケアマネージャーと作業療法士が、在宅復帰のための綿密な打合せを行います。

  介護と訓練効果を考えたトイレスペースを11箇所設置しています。手すり等の環境は、当院作業療法士の考案によるもので、多くの障害にあわせて利用できるものとなっています。このスペースを利用して、作業療法士や看護師・介護士が患者様の機能に合わせた排泄方法をご指導いたします。ご家族様にも在宅復帰後の排泄介助方法を、専門的視点でご指導させていただきます。

  あらゆる座位保持装置が設備されています。なるべく早くから離床可能となるように、一人ひとりの体にあわせた車椅子やシートクッションを理学療法士等が適合します。

  朝は作業療法士が中心となって、着替えや歯磨き洗顔などの自立を目指しリハビリテーションが行われます。一人ひとりに専用の木製の衣装棚をご用意させていただいております。日中は可能な限り私服で過ごしていただきます。車椅子でも利用できる洗面台で言語聴覚士等が口腔ケアおよび摂食機能訓練を行います。

  250平方メートルの広いリハビリテーション室をご用意しています。理学療法室と作業療法室が隣接する広い空間です。訓練の多くは、実際の生活の場である病棟を中心として行われますが、病棟だけでは行えない専門的な機能訓練等の治療を、理学療法士が中心となって提供いたします。患者様には、積極的な機能と体力回復のために訓練をお願いしたいと思われます。

  理学療法室には、最新の訓練器具を用意しています。ノルウェーで先進的に行われているスリングマスター(写真左)を利用して、脳卒中及び各整形外科疾患に対する効果的運動療法を行っています。スリングマスターにより、「痛みの軽減」「早期からの自動運動」「リラクゼーション」「各筋群へのアプローチ」が行えます。

  早期の介助歩行の実現に向けて、必要に応じて入院初期からの補装具適合を行っています。下肢装具に関しては、急性期から回復期の症状変化にあわせてモジュラー型の短下肢装具であるTAPSの導入もはじめています。装具適合にあたっては、在宅までの症状変化に対応するために、技師装具士だけでなく理学療法士による継続的支援を心がけています。

  医師や看護師のみではなく、介護士や療法士など多くのリハビリテーションスタッフが連携強化のために集まっています。多職種統一したリハビリテーションケア実践により、患者様が早期の社会復帰を実現できるよう、方針を話し合います。チーム連携のための学習会の開催やスタッフ研修等も行い、リハビリテーション技術向上に努力しています。

  岩手山、姫神山が眺望できる空間でお食事をしていただきます。可能な限り経口摂取していただけるよう医師・言語聴覚士を中心とした摂食嚥下チームで適切な治療やアドバイスを行います。また、作業療法士による食具の設定なども行われます。急性期から回復期にある患者様が安心してお食事できるよう、管理栄養士との連携のもとに作られる各種訓練食もご用意しております。嚥下障害に対しては、放射線技師等とともに造影診断を行います。
・談話室:専用の談話室です。隣接して家族控え室(3人程度宿泊可能。在宅に向けた訓練可能)となっています。
・担当医:尾形文智医師(内科)
     小野寺健一医師(外科)