インターバル トレーニング          
        継続して行うことで、スタミナアップが期待でき、疲れにくい体が作られます!
         
          インターバルトレーニングとは 高負荷と低付加を交互に繰り返すトレーニング方法です。

          転倒予防のため、イスが動かないように壁際に設置し、イスの前で行ってください。

           ① 「スクワット20秒 → 足踏み10秒

 つま先と膝の向きを
     合わせ 立ちます


 イスに腰かけるイメージで
     腰を落とします

  腕の位置は伸ばすか
    

胸の前で組みます
          ① 上体をやや前傾し、つま先と膝をやや外側に向けます

               ② 無理のない範囲で、スクワットを出来るだけ早く行います

               ③ その場でゆっくり足踏みを行います       
                                                            
                              
              ② 「クロスパンチ20秒 → 足踏み10秒


     腰を落として・・


パンチ


腰を落として・・


パンチ
 ☆ 体を斜めに向けてパンチをします
 
   ① 腕は肩の高さをキープします             ② 左右交互に行います

   ③ 無理のない範囲で、できるだけ早く行います    ④ その場でゆっくり足踏みを行います

   ①「スクワット」と②「パンチ」を繰り返します。   

   無理はせず、初めは1セットからとし、体力がついてきたら セット回数を増やしていきましょう!

       ③ 「ももあげ20秒 → 足踏み10秒

手に膝を

ひきつけます
 
   バランスが取れない場
ながら

合は、イスにつかまり
行います
  ① 背中を丸めないようにしましょう             ② 目線は前方へ向けましょう

       ③ 無理のない範囲で できるだけ早く行いましょう    ④ その場でゆっくり足踏みを行います

      ④ 「イスを使って腹筋20秒 → 足踏み10秒
 
  ☆ 両足が大変な場合は、片足ずつ交互に行ってみて下さい

   ① イスに浅く座り両足・両膝を胸くらいの高さまで持ち上げましょう   

   ② 無理のない範囲で できるだけ早く行いましょう       ③ その場でゆっくり足踏みを行います

   ③「もも上げ」~ ④「イスを使って腹筋」を繰り返します。  

   無理はせず、初めは1セットからとし、体力がついてきたら セット回数を増やしていきましょう! 

   また、①「スクワット」 ②「パンチ」を加えて①~④まで続けてみましょう!