新連載

 考えはじめよう 自らの最期
                            

 
川久保病院 眼科科長
倫理委員会委員長
 及川 拓Dr.
 
”最期”のとらえ方と対応


前回から始まった”最期”を 盛岡医療生協・川久保病院が どのようにとらえているかをお伝えします。


”自らの最期”を考えていただく時 参考になり、何らかの示唆を少しでも あたえられればと願っております。
 
患者の権利を尊重し、患者の立場にたった医療を提供
 

 
川久保病院では「患者の権利を尊重し、患者の立場にたった医療を提供する」ことを掲げて取り組んでいます。

終末期においては お互い納得のいくところを見出すプロセスが大事だと考えます。

 特に、主治医個人のみの考え方で判断するのではなく、十分な話し合いなどにより、予後の評価・治療方針を立てること、

本人の意思、家人の意思を最大限尊重し、インフォームド・コンセント(説明と同意)に努めることを基本に対応するとしています。


最善を尽くしても 拭いきれないモヤモヤ感


 川久保病院では「最期」に向けた、ないしは迎えたときへの対応に最善を尽くそうと努めています。しかし、どんなに最善を

尽くしても「最期」に臨んだとき、その都度新たな難題に直面することも多いのです。

危篤状態で、患者さんの意思がわからないと 医療の側は家族の「意向」を確認します。

家族は、「安らかに・・・」という想いと「長生きしてほしい」という想いが入りまじり、混乱し決められない事も多いようです。

そんな時、家族のよりどころとなるのがやはり「本人の意思」だといいます。

 わからない「本人の意思」と「家族の意向」の狭間で 医療側は「モヤモヤした気持ち」が残ることが多いといいます。

元気なうちから「最期」の意思表示を!

 「最期」を迎えるとき、価値観の違いから生まれる、親子や家族の間での「対立」の問題はよく聞かれることです。

臨終の間際、親子や家族との板挟みになり、私たち医療の側も悩まされる問題です。

 安らかな最期を迎えるためにも、元気なうちに自分がどんな最期を迎えたいか、配偶者や子どもに意思表示しておくことが

望まれます。

 考えるとき手助けの一つとなるのが、川久保病院が実施している「うかがい書」です。(前回のページでご覧いただけます)

「うかがい書」は日本国憲法13条や25条などを実現するため「自己決定に関する権利」「安全・安心な医療・介護に関する権利」を

大切にした医療を行うためのものです。

「うかがい書」は、原則として入院時に提出していただくことにしております。「うかがい書」では、どのような最期を望むのかを

尋ねています。「最期」についての考えが変われば、いつでも、どのようにでも変更することは可能です。