この作品には、被災地の現状や震災復興の問題点を軸に、殺人事件の謎を追う新聞記者の取材活動が描かれています。震災後は誰もが少なからず被災者の力になりたいと思ったはずですし、実際何らかの形で支えになったはずです。
  ところで、この震災の後、様々な団体が義援金を募りましたが、一体どのように使われたのでしょう?震災までも”食い物“にされることがありうる・・・というのが、この小説の事件の発端になっています。
  著者の前作「震える牛」では、超大型ショッピングモールの陰の部分がリアルに描かれていました。前作も本作も、著者が長年にわたって培った、幅広く奥深い背景(バックグラウンド)の存在をうかがわせます。『共震』もノンフィクション感覚のミステリー小説として、とりわけ被災地として、ことの深刻さを目の当たりにしてきた私たちには読むに値する作品だと思います。
  余談ながら、本作には東北各地のラーメンもでてきますが、これがなぜか妙にリアル。岩手県からは柳○のラーメンが紹介されています。

                        (遠藤洋史/さわやかクリニック事務長)