書籍名:
  「シルバー川柳 
 誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ」  
  

     社団法人全国有料老人ホーム協会編/ポプラ社


  何という事もなく本屋さんに立ち寄り、書棚をながめていたら「誕生日 ローソク

吹いて 立ちくらみ」の文字。何かと思い、手に取る。5分もせずに読み終わった。

 読んでしまったので、書棚に戻そうかと思ったが、私より年上の人たちに読んで欲

しいと思い、買ってしまった。そして見せたところ 案の定5分で読んでしまった。

 購入費は1,028円。高いか安いかは本人次第。

 掲載されている川柳84句・・全部私のお気に入りだが「紙とペン 探している間に

 句を忘れ」 など誰でも身の覚えがありそうで笑わされる。

 また、これは自分の事か?と思われる句が満ち溢れている。

 これからの高齢化社会、皆で笑いながら行きましょうという意味があるので

 しょう。 

 盛岡医療生協では特養ホームの建設のため頑張っている。

 完成の暁には、新しい特養ホームでも 川柳を募集し、取りまとめ、出版できたら

 いいなという夢も膨らむ。このシルバー川柳は5巻出版されていて、いろいろな方が

 推薦しています。

 本屋さんには申し訳ないけど、立ち読みでもいいから読んでみると面白い1冊です。

                      (長尾新一/川久保病院施設課)