レシピ 1 
                     
                 ”すこしお生活”・・・少しの塩分で すこやかな生活をすること           他のレシピはこのページ最後の方にあります
                                                                 
     

                                ”すこしお” 焼き餃子

【材料】

4人分

  (1人分272kcal 塩分1.3g)
      
☆ 豚ひき肉  160g
☆ キャベツ   200g
☆ にら(みじん切り )   1/2把
☆ 長ねぎ(みじん切り)  1/3本
☆ 大葉(みじん切り     16枚
☆ 根しょうが(みじん切り) 1かけ

☆ 餃子の皮 24枚
☆ サラダ油
 小さじ1
☆ ごま油  小さじ2
☆ たれは 酢・ラー油・こしょうをお好みで!

 
  ★ ごま油  小さじ2
  ★ 片栗粉  小さじ2
  ★ 濃口醤油 小さじ1
  ★ 塩  1.6g(小さじ1/3)
  ★ 酒  大さじ1強

    @ キャベツは、軽く湯がくか または電子レンジにかけて、みじん切りにし、水気を絞る。

           A にら、長ねぎ、大葉、根しょうがは みじん切りにする。

           B 豚ひき肉と Aをよく練り合わせて @・Aを混ぜる。

           C 皮で包み 焼いて できあがり!

   酸味や香辛料をうまく使おう!

    岩手県の脳卒中死亡率全国ワースト1の汚名返上にむけて、医療生協では、日々の塩分摂取量を少なくする   

    「少しの塩分」で 「すこやかな生活」を目指す 『すこしお生活』 をすすめています。

    実践編として、減塩ポイントを利用したレシピをシリーズで紹介していきます。

    今回は、”酸味や香辛料を うまく使う”編です。

    大葉や根しょうがなどの香辛料をたっぷり使い、低塩の物足りなさをカバーします。

    野菜の水分を絞るための塩も、加熱する方法に変えると塩分を使わずに調理できます。

    風味の良い ごま油でカリッと焼き上げることで 醤油を使わずに 食べることが出来るので、ぜひ お試しくださ〜い。


    〜うまく作れる一言ポイント〜

    調理の際に、醤油や塩は酸味や香辛料・香味野菜を加えた後に ”いつもの量”の半分程度から味見をしながら  

    足していってください。

     ”いつもの量”を加えたのでは 減塩には なりませんよ!

                                                                        (レシピ提供 川久保病院栄養科)