レシピ 22

         すこしお生活”・・・少しの塩分で すこやかな生活をすること           他のレシピはこのページ最後の方にあります

           
          ”フルーツ酢” 
 
    【材料】 2Lの保存瓶分  (原液 10ml程度)

    ☆ お好きな果物  800g
  
    ☆ 穀物酢      350cc
   
    ☆ 氷砂糖      350g 

       
                           
          
 
 お酢には、胃酸の分泌 を促す作用があります。 
 胃や腸を刺激し、ぜん動運動を活発にするといわれています。 
 更に、腸内の善玉 菌を増やし便通の改善効果が期待できます。
       @ 保存瓶を熱湯で消毒し、乾燥させる。

            A お好きな果物の皮などは除き、800g分をざく切りする。

            B 瓶に、氷砂糖を入れ、Aの果物、穀物酢を入れる。
 
               時々上下を混ぜて、1週間程度漬ける。

            C 水や炭酸水などお好みの割合で薄めて 出来上がり☆

               (ドック食では4倍に薄めて提供しました)
            
                                    
             「すこしお生活」での塩分摂取量の目安は、1日6gです。

    今回から、川久保病院の半日ドックの際に提供している通称「ドック食」をご紹介します。

    「おいしい」と評判のドック食、”作り方が知りたい!” との声も多く ぜひ日々の献立を考えるヒントに

    ご利用下さい。

    2018年度のドック食のテーマは 『発酵食品と食物繊維で体の中からキレイにしよう!』 です。

                                         (レシピ提供 : 川久保病院栄養科)