レシピ 23

         すこしお生活”・・・少しの塩分で すこやかな生活をすること           他のレシピはこのページ最後の方にあります

       ”白身魚の塩こうじ焼き” 
 
    

   【材料】 4人分  

       94kcal

      塩分1.0g

    
       
                           
  ☆ 白身魚(80g)  4切れ

  ☆ 液体塩こうじ  大さじ1

  ☆ スナップエンドウ(すじとり)  4本

  ☆ かぼちゃ(1/4カットを薄切り) 1/8玉 
   
       @ 白身魚の水気を拭きとって塩こうじと一緒にビニール袋に入れ、

                空気を抜いて密閉し、1〜2時間おく。

            A スナップエンドウは茹でておく。

              かぼちゃは、フライパンで両面を焼く。

            B @の魚を魚焼きグリルやフライパンでこんがり焼いて、盛り付ける。

              Aを添えて出来上がり!
            
                                    
          
          
「すこしお生活」での塩分摂取量の目安は、1日6gです。

    川久保病院の半日ドックの際に提供している通称「ドック食」をご紹介します。

      塩こうじは、魚や肉を漬けると消化酵素の働きにより、身が柔らかかくなり、野菜と合わせると素材の

    うま味成分を生み出します。

      今回は、淡白な白身魚(低カロリー)を利用しています。

    塩こうじに漬けることで魚の生臭さを抑え、うま味を引き出しました。

    旬な魚では「春」は鰆(さわら)、「夏」は鱸(すずき)、「秋」は鮭(さけ)、「冬」は鱈(たら)などがおすすめです。

    付け合せの野菜も旬の野菜を茹でる・蒸す・焼くなど 楽しんでください。
  
    2018年度のドック食のテーマは 『発酵食品と食物繊維で体の中からキレイにしよう!』 です。

                                         (レシピ提供 : 川久保病院栄養科)