レシピ 27

         すこしお生活”・・・少しの塩分で すこやかな生活をすること           他のレシピはこのページ最後の方にあります

            ”豆乳グラタン” 
 
    

   【材料】 4人分  

       113kcal

      塩分1.2g

    
       
                           
  ☆ むきえび(解凍する)      40g

  ☆ ブロッコリー(小房に分ける)  40g

  ☆ スイートコーン          40g

  ☆ 玉ねぎ(みじん切り)      160g

  ☆ バター               40g

  ☆ 薄力粉              40g

  ☆ 無調整豆乳           320ml

  ☆ 粉チーズ            大さじ4

  A(コンソメ小さじ2・塩 2.4g・こしょう少々)

   
    @ ホワイトソースを作ります。

              耐熱容器に玉ねぎ・バターを入れ ラップをして電子レンジで5分加熱する。

              小麦粉を入れ 良く混ぜて さらに5分加熱する。

              Aの調味料を加え 豆乳を少しずつ加えながら混ぜ、さらに2〜3分加熱する。
 
              良く混ぜてからさらに2〜3分加熱しとろみがつくまで混ぜる。

          A 耐熱皿にホワイトソースを等分して入れ、えび・ブロッコリー・コーンを飾り 粉チーズをかける

          B あらかじめオーブンを220〜230℃に温めておく。

             Aを入れて約10分、表面にこんがりと焼き色がつくまで焼くと できあがり
                                    

          
・・「すこしお生活」での塩分摂取量の目安は1日6g・・

   大好評!!  川久保病院の半日人間ドックで提供している 通称”ドック食”

   今回は肌寒くなる季節に食べたくなる”グラタン”です。

   ホワイトソースは電子レンジを使う事で 手軽に こげずにつくることが出来、玉ねぎを(具)と一緒に混ぜる事で

   ダマにならずに トロっと仕上がります。

   今回は牛乳の代わりに豆乳を使いました。牛乳は「動物性タンパク質」でカルシウムが多く含まれています。

   豆乳は「植物性タンパク質」で大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用があ

   ると言われており、「無調整豆乳」と砂糖・塩などで味を調節してある「調整豆乳」があります。

   「牛乳」と「豆乳」は性質を理解し、料理によって使い分けて下さい。

   水の代わりに牛乳や豆乳を使う事で、コクが加わり、調味料を少なくすることができ、すこしおにも繋がります

                                            (レシピ提供 : 川久保病院栄養科)