レシピ 3 
                     
                     ”すこしお生活”・・・少しの塩分で すこやかな生活をすること           他のレシピはこのページ最後の方にあります  

                                        ”和風カレー” 

  【材料】

2人分
 

(1人分557kcal 

塩分1.8g)
★ 豚こま切れ肉  180g
★ 酒   大さじ1

☆ サラダ油 小さじ2
☆ にんにく(みじん切り) 1かけ
☆ しょうが(みじん切り) 15g
☆ にんじん(乱切り)   60g
☆ なす  (輪切り)   2本
☆ ねぎ(斜めに切る)  1/2本
☆ まいたけ(小房に分ける) 1パック
☆ 桜エビ  (乾燥) 8g
 
 ☆ カレー粉  大さじ1
 ☆ 米粉(上新粉) 大さじ1
 

 ★ だし汁 3カップ
 ★ しょうゆ 大さじ1
 ★ 温かいごはん 茶碗2杯分(300g)

        @ 豚肉は 一口大に切り 酒をふる。

               A 鍋にサラダ油を熱し、にんにくとしょうがを弱火で炒める。

               B 香りがたったら@・野菜・まいたけ・桜エビを加えて炒める。

               C 全体がしんなりとなったら、Aを少量のだしで溶いて加え、混ぜる。

               D 粉っぽさがなくなったら、残りのだしを加え強火にする。

               E 煮立ったら火を弱め、アクを除きながら7〜8分かき混ぜながら煮る。

               F 野菜が柔らかくなったら、しょうゆを加え、火を消す。

               G 器にごはんを盛り付け、カレーをかけて できあがり!

           
       市販ルーやレトルト食品・加工食品をひかえよう  

    今回は「市販ルーやレトルト食品、加工食品を控える」編です。
   カレールーや麻婆豆腐の素など食材に混ぜて作る調味料は、塩分や油脂が多く使われており、自分で味の調節ができません。
   カレー粉から作るカレーや、バターと小麦粉から作るシチューなどに挑戦してみませんか!
   また、魚肉練り製品やハム・ソーセージなどの加工食品にも、保存と味付けのために多くの塩分が使われています。
   料理に加えると旨みになりますが、調味料を「いつもの量」より少なめにしなければ、味が濃くなってしまいます。
   これらの「目に見えない塩分」で、減らすあるいは上手く利用することで、すこしお生活に役立てましょう。


              〜一言ポイント〜  

    健康づくりフェスタで”すこしお”生活ブースに来ていただけましたか?(インスタントラーメンの塩分量の展示をしました)
  麺類は加工の際に塩を使用しており、スープにも含まれているため、商品によっては一日分の塩分に量になってしまうものもありました。
  栄養成分表を見る・スープは飲まない・食べる頻度を少なくするなどの工夫をしましょう!
                                                     (レシピ提供 川久保病院栄養科)