レシピ 6 

                       ”すこしお生活”・・・少しの塩分で すこやかな生活をすること           他のレシピはこのページ最後の方にあります
           
                   ”だし炊きごはん” 
 
【材料】

4人分

  (1人分320kcal

   塩分0.1g)
      
  ☆ 米  2合
  ☆ ぶなしめじ(子房に分け1/2の長さに) 60g
  ☆ えのきだけ(1/3の長さ)         60g
  ☆ しいたけ(半分に切りスライス)     60g
  ☆ 油揚げ(2〜3cm長さ短冊切り)    30g
  ☆ ごぼう(ささがき)             30g

  ☆ 昆布だし                360cc
  ☆ 
そらまめ(飾り用)             8粒
  
       @ 米を洗い、だし汁で水加減をし、20〜30分浸水させる。

            A 材料を切る。そらまめは茹でておく。

            B そらまめ以外の材料を@の炊飯器に加え 炊く。

            C 炊きあがった後、全体をかき混ぜ、器に盛り付け、飾り用のそらまめを添える。

        
「だし汁」に挑戦してみましたか?
  
          今回から、とった「だし汁」を活かしたレシピを紹介していきます。

          まずは、「昆布だし」をつかっての「だし炊きごはん」です。

           通常、炊き込みご飯には、お茶碗一杯(150g)で、0.7〜1gの塩分が含まれています。

          食べる量にもよりますが炊きこみご飯だと、いつものご飯の量より、ついつい多めに食べてしまいがちですよね。

          そうなると、1日の塩分を6gに抑えたい場合、1食で2gです。

          ご飯に1gの塩分が含まれていると、残りのおかずのうち 1品は調味料なし!としなければなりません。

          おいしくとった「だし汁」で素材の味を生かし、調味料を加えないだし炊きご飯を味わってみてはいかがですか?

                                                    (レシピ提供:川久保病院栄養科)