メディアによる
 子どもの健康への心配
        (小児科外来 看護師 中屋 ゆかり)
    
  ネット社会は急速に普及し、生活の隅々まで浸透しています。

  現代の子ども達は、電子メディアがあふれた環境で育っています。

  ゲーム・音楽・画像・動画の配信など多種多様なサービスがあり、スマートフォンの普及で24時間

  いつでも世界中と繋がることが出来るようになりました。「メディア依存」という言葉をよく聞きます。

  メディアが健康に及ぼす影響としては・ ・ ・

 
  ☆ 心への影響  : やる気が起きず、集中できない。         

   
☆ 生活への影響 : 食事・入浴・歯磨きなどをしたがらない。       

   
☆ 家族や人との関わりへの影響 :人との楽しい時間を共に過ごす事が減る。

   
☆ 身体への影響 : 目の疲れや視力低下、運動不足になる。      

   ☆ 発達への影響 : 人との関わりがうまくできない、運動能力が育たない。


     
    メディアの発達により、生活はより豊かになっていきますが、健康被害やコミュニケーション能力の

  低下など、マイナス面が指摘されています。

  保護者と子どもでメディアを使用するルールをつくり、上手に活用していきましょう。