こんな時はおうちで
  休みましょう
    (小児科 看護師 中屋 ゆかり)
   
   子どもが集団生活を送る中「熱を出したら どうしよう」 「仕事が休めない」と不安を抱えるお父さん・
  お母さんも多いと思います。
   幼児はよく熱を出しますが、徐々に免疫を獲得して丈夫な体になります。

  以下の症状がある時、保育園や幼稚園をお休みした方が良いでしょう。

  
  { 発 熱 } : 元気がなく、機嫌が悪い
               食欲がない
               37.5℃の熱
               24時間以内に38℃以上の熱があった。または解熱剤を使用

     { 咳 }   : 咳で夜間眠れず何度も起きる。
              連続してせき込み、呼吸がつらそう  

    { 下 痢 } : 24時間以内に2回以上の水っぽい下痢がある(オムツからもれてしまう)
              食事ごとに下痢をする
              朝に尿が出ていない
              腹痛を伴う
              不機嫌

    { 嘔 吐 } : 24時間以内に2回以上吐く
              食欲や活気がない
              吐き気があり、普段よりも体温が高め

    { 発 疹 } : 発熱に伴って発疹が出る
              口内炎で食事や水分が摂れない
              とびひでジクジクする部分が覆えない時 (掻き壊すと他の子に感染する恐れがあります)

  どうしても仕事が休めない時、家族の都合がつかない時は小児科または病児保育室にご相談下さい。
          専門スタッフが保育・看護を行っております。


   病児保育室 虹っこケアルーム(川久保病院内)
                          ℡:019-635-4440

      予 約 受 付  6:30~21:00 
                   キャンセルの場合は当日7時までにご連絡ください
       
        対 象 児   生後3か月~小学6年生まで

       

 

 利 用 時 間~ 
 
月曜日~金曜日  8:30~17:40